HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 腰痛

スタッフブログ 腰痛

姿勢教室のご報告

4/16(水)に西明石で行いました、姿勢教室の報告です。
               ↓↓↓

みかん頂きました☆

本日、お客様から家の庭に出来たみかんを頂きましたfullmoon

早速頂きましたhappy02甘酸っぱくて美味しかったですgood

2012012414190000.jpg


慢性腰痛

薬より有効、運動療法の効果は、日本整形外科学会などが2004年から05

 

にかけ全国92の医療機関に通院する201人(平均42歳)の慢性腰痛患者で

 

確かめた。週に1回通院してもらって主治医が診察しながら、鎮痛剤だけの薬物

 

療法と、毎日2回筋肉トレーニングやストレッチングの体操をする運動療法に

 

分け、8週間後の治療成績を比べた結果、痛みが治まる程度はほぼ同じだった

 

が、腰痛に伴う機能障害や生活の質(QOL)の改善度では運動療法が上回って

 

いた。

 

これは日本人も運動を習慣化すれば慢性腰痛に有効なことを裏付けたそうです。

 

ちなみに、正常な関節の可動運動の方は少ない為、KCSセンター播磨で施術を

受けて正常な関節の可動運動を付けてから運動をされた方がより効果的でしょう。

 


腰痛予防「腰みがき」

慢性腰痛は生活習慣病の一種で、普段の運動が大事です。人が毎日習慣にしている歯みがきと同じように、姿勢に気を付けて運動すれば良いです。腰痛の予防や治療では腰みがきがキーワードになります。腰みがきは日常的に腰のケアをする生活習慣で、姿勢と運動が二本柱です。おなかに力を入れ背筋を伸ばすなどの姿勢に心掛け、一日数回、簡単な体操をお勧めします。


神戸新聞掲載「腰みがき」

腰痛は日本人の最も身近な症状。通院率も高血圧に次ぐ。高齢者ほど多い。慢性腰痛が心配なら、正しい姿勢と手軽な運動で腰みがきをしましょう。腰みがきは軽い運動を日常生活に取り入れ、長続きさせましょう。腰への負担を減らし、腹筋や背筋の持久力を維持するのが狙いです。姿勢を正して簡単な体操を習慣に、KCSセンターでは、そのお手伝いをさせていただきます。


1

« 肩こり | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ